障害者の便利帳

障害者による障害者のための情報ウェブマガジン

SIMフリー iPhone 6のバッテリー交換をした。

2014年に購入したiPhone 6のバッテリー交換をしました。
新しいiPhone購入すればいいんじゃねとも思いましたが、
家の人が自分専用のプレーヤーを欲しいと言っていたので、バッテリー交換済みiPhone 6をそれにしようかなと思います。

Apple Storeか正規プロバイダのどこかにするか迷いましたが、
正規プロバイダのクイックガレージにしました。
思えば、SIMフリー iPhone 6iijmioSIMカードを挿入してもらった以来です。
あのときは、どさくさにまぎれたような感じで、サクッとお姉さんがやってくれましたが、今はどうなんでしょう。技術料とか取られるのかしら。

さて、Appleのサイトで正規プロバイダの検索、予約もできます。
一応、やっておきました。
混み具合いがよく分かりませんでしたが、平日火曜日のお昼頃は1、2名いた程度でした。

予約してある旨を告げると、しばらく待つように言われて、
すぐに呼ばれました。

内容の予約もしてあるので、すぐにバッテリーチェックしてくれました。
しかし、MacBookにつなげて、表示はiTunesのようなソフト。
これは、一般人は使えないのでしょうか(笑)

結果は、予想どおりヘタっておりました。

それで、

f:id:torahouse:20171013203714j:plain

こんなにもかかったのですが、これって正規のルートならどこでも同じなんでしょうか。

500回充電すると、大体使えなくなりますと言われました。

それで正直、iPhoneを使うことに疑問が出始めています。

どうせバッテリーがヘタるのなら、そこそこのAndroidを買って、買い換えていったほうがいいんじゃないだろうかと思いました。